ルパン三世 THE FIRST
L O A D I N G
不朽の名作『ルパン三世 カリオストロ の城』から40年―。原作者モンキー・パンチ悲願の3DCG による、「ルパン三世」23年ぶりの劇場版がス クリーンに参上!!
INTRODUCTION
1967年「漫画アクション」にて連載が始まった「ルパン三世」。
モンキー・パンチが描く、ルパンと一味たちの冒険活劇は瞬く間に話題となり、1971年にはTVアニメ「ルパン三世」(PART1)の放送が開始され、1977年から放送されたTVアニメ「ルパン三世」(PART2)での赤いジャケットを着たルパンの、カッコいいながらおちゃめでコミカルな姿が多くの人の心を掴み、人気の地位を不動のものとしました。
その後もシリーズ初の劇場版『ルパン三世 ルパンVS複製人間』(1978年)や、あの宮崎駿監督の映画初監督作品『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)など、現在でも色褪せることなく愛される数々の名作たちを世に送り出してきました。

そんな不朽の名作『カリオストロの城』から40年、日本のVFXの第一人者である山崎貴(『STAND BY ME ドラえもん』『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』)によってシリーズ初となる3DCGアニメーションで23年ぶりとなる劇場版の制作が決定!
この企画は、今年4月にこの世を去った原作者モンキー・パンチ先生、悲願の企画であり、3DCGになったルパン一味のキャラクター設定資料を観て「ワクワクするね」とコメントするなど、完成を心待ちにしていた作品。
この作品のサブタイトル「THE FIRST」には、劇中に登場するブレッソンダイアリーが、ルパン一世が唯一盗み出すことに失敗した因縁のお宝であることに加え、新たに山崎貴を監督に迎え、シリーズ初となる3DCGアニメーションで描かれた「ルパン三世」新時代突入の記念すべき第一作であるという想いが込められています。

声優陣にはもちろん「ルパン三世」シリーズのオリジナルキャストが集結! 栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一ら、チームルパンが3DCGルパンに命を吹き込みます!
また本作のゲストキャラである、考古学に興味があり、ブレッソンダイアリーの謎をルパンと一緒に解き明かすこととなる少女・レティシア役に広瀬すず、ブレッソンダイアリーを狙う秘密組織の研究者・ランベール教授役に吉田鋼太郎、ランベールに指示を出す謎の男・ゲラルト役に藤原竜也といった日本を代表する名優たちが出演します。

令和最初の冬に3DCGとなった「ルパン三世」が、日本中の“心”を盗みます。
image
STORY
かのアルセーヌ・ルパンが唯一盗むことに失敗した秘宝ブレッソン・ダイアリー。その謎を解き明かしたものは莫大な財宝を手にするといわれている。そんな伝説のターゲットを狙うルパンは考古学を愛する少女レティシア(広瀬すず)と出会い、2人で協力して謎を解くことに。しかし、ブレッソン・ダイアリーを狙う秘密組織の研究者ランベール(吉田鋼太郎)と、組織を操る謎の男ゲラルト(藤原竜也)が2人の前に立ちはだかる・・・・・・。ブレッソン・ダイアリーに隠された驚愕の真実とは一体!?
パリ、メキシコ、ブラジル―かつてないスケールのお宝争奪戦が幕を開ける!!
ルパン三世
かのアルセーヌ・ルパンの孫であり、狙った獲物は必ず奪う神出鬼没・天下の大泥棒。抜群の身体能力と明晰な頭脳で盗めないものはないとされるが、美女に甘いのが唯一の弱点。
これぞルパン! 誰もが知っている王道のルパンだと思います。次元、五エ門、不二子ちゃん、銭形のとっつぁん、そして…ルパン。いつものメンバーが登場し、ルパンのあのテーマ曲がかかるだけで心躍ります。そして、3DCGの映像! 髪の毛の1本1本隅々まで精巧で1度だけだと全てを観きれなかったので、また観て色々なシーンを確認したくなりました。モンキー先生の想いを胸にレギュラーメンバーと豪華なゲストが加わっての3DCG「ルパン三世」を是非お楽しみ下さい。
次元大介
言わずと知れたルパンの相棒。卓越したガンさばきは世界で並ぶものがいない。酒とタバコをこよなく愛し、常にクールに状況を把握して一味のピンチを切り抜ける。
この作品の一番の楽しみ、 注目点は何と言ってもCGですよね。特に人物。台詞の口元なんかは気になります。私達、声を入れる側にとっては最大の関心事です。作画は、録音するときの私達の口元の撮影から始まっています。それをもとに描くのです。大変な作業です。動きなんかも非常にリアルなのに驚かされます。人物が身近に感じられ、加えて音響がまた凄い。壮大な物語に圧倒されます。見終わったあと思わず声を上げてしまった。いやぁ、壮大な話だ!
石川五ェ門
剣の道に生きる大泥棒の末裔にして居合の達人。この世に斬れぬ物はない。唯一無二の相棒・斬鉄剣と共に修行の日々を送っている。
正直ビックリするほど、ものすごいものに仕上がっていると思います。キャラクターたちのコミカルな動き、景色、カーチェイスなどなど…。挙げたらキリがありません。個人的には、次元の色気がどれだけ増されているんだと思いました。お話も壮大かつ歴史的で、だからと言って決して雑ではなく、いつものお洒落さもしっかりと描かれています。今回は、チーム戦。五ェ門は口数は少ないものの、感情が激しく揺れるシーンも。最後まで気が抜けないドラマ。何度でも観たくなるような映像美。是非堪能してください。
峰不二子
類まれなる美貌とプロポーション、そして天才的頭脳を併せ持つ。己の欲望に忠実で、目的のためならためらいなく他人を裏切る魔性の女。
ずっと前から知っているルパン。少し前からは懸命にやってきたルパン。なのに、この映画で初めてルパンに会ったような、そんな不思議な観賞後でした。最新の技術の中で、果てしなくのびのびと躍動する彼らを、そしてルパン三世の歴史の中にまたひとり素敵なヒロインが飛び込んできてくれたこの機会をぜひ! 劇場で目撃していただきたいです。こんな贅沢な機会に恵まれたのも本当に、ご声援あってのことなのだと…改めて、ファンの皆様に感謝を。そして、完成まで果てしなく小さな仕事を積み重ねた、スタッフの皆さまにただただ、大きな大きな拍手を…!
銭形警部 INSPECTOR ZENIGATA
ICPO(インターポール)のルパン三世専任捜査官。ルパンの逮捕に並々ならぬ執念を燃やし、ルパン参上の一報あらば世界中のどこにでも駆けつける。
今回「ルパン三世」が3DCGで劇場公開されると聞いて、大好きな山崎貴監督ですし、もうワクワクしかありませんでした! 今回はスケールの大きなストーリーで、ルパン始めレギュラーメンバーにもゲストキャラクターにも見せ場がしっかりとあり、実際にCGになった映像を観て、1カット目で「これはスゴい!」とぶっ飛びました! メインビジュアルになっているハットを被りステッキを持ったルパンを見てお分かりの通り、キャラがそれぞれめちゃくちゃカッコ良くて魅力的! しかも、それが滑らかかつハイスピードで動き回るんですから圧巻です! 銭形はもちろん、警官隊のみんなも良い仕事しています。観る者全てを、リアルなルパンワールドに引きずり込むに違いありません! 世界中の方々に観て頂きたい画期的なルパン映画です!
LAETITIA レティシア 広瀬すず
ブレッソンダイアリーの謎を追う少女。考古学が大好きで、その知識にはルパンも舌を巻く。
広瀬すずさんコメント 最初にお話を頂いた時には、作品を壊してしまうのではないかと少し怖い思いもありました。2年前のプレスコの際はルパン役の栗田さんと一緒に収録をさせていただき、役を通して会話をしながらリードしていただきました。3DCGアニメーション化すると、とても現実味があってルパン一味が凄く近い存在に思えました。一人一人のキャラクターが立っていて実際にみんなに会いたいと思ったし、レティシアが抱えている悩みをルパンはちゃんと言葉にしてくれたりして、カッコよすぎて結婚したいと思いました(笑)。勿論ルパン一味は大泥棒ですが、人間同士の繋がりや絆の強さにも感動しました。面白いシーンも沢山ありますが、その後にズシッと重いシーンもあって、先が読めなくていい意味で裏切られる作品です。
LAMBERT ランベール 吉田鋼太郎
ブレッソン・ダイアリーを追い求める秘密組織の研究者。かつてはその優秀さから、有名な研究機関の創立メンバーに選ばれるなど、輝かしい過去を持っていたが・・・。
吉田鋼太郎さんコメント 中学生の時、成人コミック誌に掲載されていたこともあり、不二子ちゃんが中々セクシーだったこともあり、かなりドキドキしながらルパン体験をしてました。不滅の人気アニメにまさか自分が声の出演をさせて頂くとは夢にも思わず、大変光栄な事と思うと同時にファンの方々の期待を裏切る事になりはしないかとハラハラしています。名だたる共演者の方々の中で自分の出来る事はやれる限りやったつもりなので、どうぞ寛大にご覧になって頂ければ幸いです。舞台での共演が多い藤原竜也氏とのアニメでの共演もとても新鮮で楽しかったです。どうぞご期待ください!
GERALD ゲラルト 藤原竜也
ランベールに指示を出す謎の男。目的のためには手段を選ばない冷徹な性格で、なかなか研究成果を上げられないランベールを軽蔑している。
藤原竜也さんコメント
					誰もが知る国民的作品「ルパン三世」の最新映画にゲスト声優として参加させていただき、本当に嬉しかったです。僕自身も幼い頃から観させていただいていた作品でしたので、当初は自分の声が「ルパン」の世界にマッチするのか不安もありましたが、精一杯楽しみながら、取り組ませていただくことができました。今作の魅力は何と言っても、山崎貴監督が手掛けられるハイクオリティーの 3DCGですね。日本のアニメーションはココまで来たのか! と驚いております。収録時も、どんな作品が完成するのかワクワクしながら声を吹き込ませていただいておりました。数多くの歴史を築き上げてきた「ルパン三世」という作品が、未だ観たことのないまた新たなアニメーションの歴史を築いていくという、とても貴重なタイミングで参加させていただけたと、心から誇りに思っております。

監督・脚本:山崎貴

COMMENT

子供の頃、横浜の親戚の家に遊びに行ったとき初めてルパンの映像に出会いました。
“何という大人っぽいアニメーションだ。さすが都会すげー”と強烈な印象が残っています。
その後様々な名作を生み出したルパン三世という作品はモンキー・パンチ先生のオリジナルキャラの圧倒的な個性の強さと懐の深さから生まれたものだと思っています。
その系譜の端っこに3DCGという新たなフォーマットで加われるのは本当に嬉しいことです。
デジタル環境を漫画の世界に持ち込んだ先駆者であるモンキー・パンチ先生に完成品を観てもらえなかったことが残念です。

原作:モンキー・パンチ

COMMENT

ずっと待ち望んでいた3DCGのルパン三世です。
キャラクターやストーリーを拝見したけど、
新しい感覚がいっぱいつまったルパンになりそうで、
どんな作品になるか想像するだけで、今からワクワクしています。(2018年10月)

PROFILE

1937年-2019年、北海道厚岸郡浜中町出身。漫画家。
北海道霧多布高等学校を経て、1965年「漫画ストーリー」に「プレイボーイ入門」を発表しメジャーデビュー。1966年、ペンネームをモンキー・パンチに改名。1967年、「漫画アクション」創刊号より「ルパン三世」の連載を開始。第1話から巻頭掲載の上表紙も飾り、アメリカンコミックテイストの斬新なタッチと、大人向けのハードボイルドな内容が当時の若者を中心に高い支持を集め、テレビアニメ化、映画化を経て、現在に至るまで幅広い年齢層に支持を受けている。2003年、デジタルマンガ協会を設立。初代会長に就任。その後、大手前大学人文科学部教授、東京工科大学メディア学部客員教授、大手前大学メディア・芸術学部客員教授などを歴任し、後進の育成にあたった。

音楽:大野雄二

COMMENT

静岡県熱海市出身。作曲家/ピアニスト。
小学校でピアノを始め、高校時代にジャズを独学で学ぶ。慶應大学在学中からJAZZピアニストとして活動を始め、白木秀雄クインテットを経て、自らのトリオを結成。解散後は、作曲家として膨大な数のCM音楽制作の他、『犬神家の一族』『人間の証明』などの映画やテレビの音楽も手がけ、数多くの名曲を生み出している。その代表作「ルパン三世」のサウンド・トラックは、70年代後半の大きな話題をさらった。近年は作曲活動としては「ルパン三世」とNHK「小さな旅」に絞り、プレイヤーとして活動を再開。都内ジャズクラブから全国ホール公演、ライブハウス、ロックフェスまで積極的にライブを行う。

映画『ルパン三世 THE FIRST』製作秘話
CREDIT
(C)2019『ルパン三世 THE FIRST』製作委員会